繁盛 シール工房トップ
 > 解決事例 > 金色のベースに白色を重ねて印刷する方法

解決事例No.17

データのアウトライン化

課題

当工房では入稿データの種類をイラストレータ(以降はイラレ)に指定しています。毎日、多くのお客様からイラレデータで入稿いただく訳ですが、データに何らかの不備があると,差し戻して修正いただくこともあります。この不備の中で最も多いものがアウトライン化と呼ばれる処理です。今回は入稿データの基本であるテキストデータのアウトライン化の設定方法を解説します。

印刷データトラブル解決

テキストのアウトライン化とは

イラレ上で文字を入力した場合、このテキストは文字情報になります。この文字情報を図形化することをテキストのアウトライン化やアウトライン処理と呼びます。何故、この処理が必要かというと、文字情報のままでは、イラレの環境によって見え方が異なる場合がある為です。例えば、使用したフォントAが入稿先のイラレに無かった場合、代替フォントBで表示されてしまいます。印刷の仕事にはデータの受け渡しが発生するので、お客様と印刷会社のイラレ環境が異なっても、同じ見え方にする必要があります。

アウトライン化の設定方法

テキストのアウトライン化は簡単ですので、この機会に是非、覚えてください。アウトライン化したいテキストを指定します。次に書式メニューから「アウトラインを作成」を実行すると、指定したテキストがアウトライン化されます。簡単な設定ですが、見落としてしまいがちなテキストもあります。「●」や「■」もテキストで入力した場合、アウトライン処理が必要です。またテキストで空白を作った場合もテキストとなりますので、こちらに関してもアウトライン処理するか、必要でなければテキストを削除する必要があります。

パスを使ったオブジェクトのアウトラン化

丸や四角のオブジェクト(パス)の外枠に色を付けたデータをリサイズすると、外枠の線幅だけが均等にリサイズされないことがあります。これはオブジェクトのパスにアウトライン処理をしていないことで起こる現象です。基本的にデータ制作は作りたいシールの実寸で行うことが前提なのですが、後になって縮小することが想定される場合、オブジェクト(パス)をアウトライン化しておくことでリサイズしやすくなります。方法はオブジェクトを選択し、オブジェクトメニューの「パス」から「パスのアウトライン」を実行します。

総括

アウトライン化することを忘れてしまうこともあると思いますが、何故、必要な処理なのかを理解しておけば必須作業となり、忘れることも少なくなります。イラレの基本作業ですが、複雑なデータになるほど、基本作業を見落としますので、一度、初心に帰ってみては如何でしょうか。

この記事についてのご質問やご相談は担当者までお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください【電話:0120-416-867】

無料お見積 お問い合せ よくいただくご質問・お問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例一覧へもどる

関連解決事例

オフセット限定!データの色数を落としてコストを下げる方法

カラーデータとはCMYKの掛け合わせで制作されたデータのことです。当サイトにご依頼いただく...

色付き紙素材に印刷する場合の注意点

シール印刷で使用する紙素材の中には、白以外の色付き素材があります。代表的なものではホイル紙...

インクを使わずにデザインを凹凸(型押し)のみで表現したい

シール印刷の加工方法の一つにエンボス加工というものがあります。インクを付着させずに版を空押...

凸版印刷におけるデータの色数と製作料金の関連性

繁盛シール工房の見積りフォームには色数を入力いただく必須項目があります。もちろん製作料金に...

無料お見積

ページ先頭へ