繁盛 シール工房トップ
 > 解決事例 > 金色のベースに白色を重ねて印刷する方法

解決事例No.4

【シール印刷/用途】ショップシール製作時の確認ポイント

課題

繁盛シール工房でご依頼いただくシールの用途で最も多いものがショップシールです。WEBサイト上では店名・ロゴシールで掲載させていただいているもので、具体的には、小売店様が商品販売後の包装・ラッピングとしてお使いいただくことを目的としたシールの総称となります。特に難しいデータでない限り問題はないと思われますが、以外なご質問をいただくこともあります。今回は初歩的な確認から最終の仕上げ方法までの確認ポイントをご紹介します。

シールの用途仕上方法

ロゴデータの色を確認する

ほとんどのお店には運営テーマが存在し、そのテーマに沿ったカラーが設定されています。厳密な場合ではDICやPANTONEの番号が設定されていることもあり、決まったカラーでロゴが作られていることがあります。しかしロゴの色設定があいまいな場合、同じデータを使っていても印刷会社ごとに仕上がってくる色がことなることもあり、ショップシール以外の印刷物(カタログ・チラシなど)と色のバラつきがでる場合があります。また色の認識があまいと印刷担当者が変わるごとに色が変化していくこともあるので、ロゴの取り扱いをマニュアル化しておくと便利です。ご依頼前に指定色が設定されているか、いないかを事前にご確認ください。DICやPANTONEの指定がない場合でも、色見本(他の印刷物)の切れ端などを郵送いただければ、そちらの色調に合わせて印刷することができます。

【チェックポイント】
■お店のテーマカラーを確認する
■テーマカラーが指定色であるかを確認する

数量を確認する

数量は見積りをご依頼いただく際に比較検討いただければ結構なのですが、3〜6カ月分の使用量を最低ベースに複数パターンで検討されることをお勧めします。数量的には多ければ多いほどシール1枚の単価が下がりますので、お取り扱いの商品が低単価なほど、数量は多めの方が経済的と言えます。逆に、あまり多すぎると在庫管理も大変になり、途中でリニューアルする場合などにロスとして計上されるので注意が必要です。

【チェックポイント】
■販売実績・販売目標にもとづいた数量を把握する
■ストックを含めて3〜6カ月分の数量を最低数量と考える

仕上げ方法を確認する

お店で包装作業をする場合、シールをどのように貼り付けますか。よくシールピーラーと呼ばれるセロハンテープの台のようなものにセットして使われていることがありますが、このような場合のシールの仕上げはロール状の仕上げとなります。ピーラーを使わない場合はシート状の仕上で対応することが一般的です。繁盛シール工房では仕上げ方法によって金額設定が異なりますので、シールの貼り付け方を事前に確認して、御見積をご依頼ください。シート状で納品したものを後からロール状に変更することはできません。

【チェックポイント】
■販売実績・販売目標にもとづいた数量を把握する
■ストックを含めて3〜6カ月分の数量を最低数量と考える

総括

ショップシールは使い捨ての用途になります。いわゆる消耗品です。1枚のコストを抑えることを念頭に数量を調整していく必要があります。しかしお店の宣伝効果の役割を担っているので、色の確認やロゴの見せ方なども、しっかり把握しておいてください。工夫次第で効果的なシールを作ることができます。

この記事についてのご質問やご相談は担当者までお問い合わせください。

 

お気軽にお問い合わせください【電話:0120-416-867】

無料お見積 お問い合せ よくいただくご質問・お問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例一覧へもどる

関連解決事例

【シール印刷/仕上方法】目的に合った最適な仕上げ方法を選ぶ

シール印刷には大きく分けて5つの仕上げ方法があります。繁盛シール工房では「シート仕上」「1...

【シール印刷/素材】シール印刷における素材選びのポイント

繁盛シール工房でシール製作をご発注されるお客様の大半が、初めてシールを作る方です。そんな方...

【シール印刷/コスト】凸版印刷におけるデータの色数と製作料金の関連性

繁盛シール工房の見積りフォームには色数を入力いただく必須項目があります。もちろん製作料金に...

【シール印刷/加工方法】インクを使わずにデザインを凹凸(型押し)のみで表現したい

シール印刷の加工方法の一つにエンボス加工というものがあります。インクを付着させずに版を空押...

無料お見積

ページ先頭へ