繁盛 シール工房トップ
 > 解決事例 > 金色のベースに白色を重ねて印刷する方法

解決事例No.15

両面粘着紙をご存知ですか?

課題

シール印刷で使用する素材には様々な種類があり、その中の1つに両面粘着紙があります。一般素材が表面素材+粘着剤+剥離紙の3層構造に対し、両面粘着紙は表面基材+粘着剤+中間基材+粘着剤+剥離紙の5層構造となっています。中間基材を中心に両面に粘着剤が塗装されている素材のことを指します。今回は、あまり認知されていない両面粘着紙を使用例を交えてご紹介します。

シールの用途素材と粘着剤特殊シール

両面粘着紙の使い方

両面粘着紙は一般的なシールと違い、何かと何か貼り合わせることが目的となります。具体的な例を挙げると、履歴書などに貼る写真は両面粘着紙が使われています。他には封筒の開封口や、紙おもちゃのノリシロ部分にも使われています。糊の代用品として使われている訳です。利点としては一般的な糊を使うと、糊がはみ出したり、手が汚れたりしますが、両面粘着紙を使うことで、これらの問題が解消されます。

●使用例1 履歴書
●使用例2 封筒の開封口
●使用例3 糊なしラベルの止
●使用例4 紙製品・紙おもちゃの糊シロ

両面粘着紙の構造と種類

冒頭で説明した通り、両面粘着紙は5層構造となっており、用途に合わせて粘着剤や中間基材の異なるものを用途によって使い分けします。基本的にはしっかり貼り付けることが多い為、強粘着+強粘着の組み合わせで対応することが多いですが、特殊紙を使った封筒などは表面に凹凸がある場合もあるので、それような時は粗面用のトイシ糊をつかったものを使います。またクレジットカードなどを郵送する際にカードを台紙に貼る必要がでた場合には、後で綺麗に剥がせるような、微粘着糊を使うこともあります。以外と知られていないのですが、第一層の表面に印刷することが可能です。シールの使い方などを印刷しておくと便利です。

●履歴書に写真を貼る・・・強粘/上質/強粘
●カードを台紙に仮貼りする・・・強粘/PET/微粘
●糊無しラベルの両端止め・・・トイシ/PET/トイシ

両面粘着紙の不向きな使い方

両面粘着紙も不向きな使い方があります。基本的に重い物同士を貼り合わせることに対しては全般的に不向きです。車のダッシュボードに芳香剤などを固定させたい場合に、両面粘着紙を使用すると、車の揺れで芳香剤が外れてしまう可能性があります。紙媒体など軽量な物を貼り合わせることに特化している素材と言えるでしょう。

総括

あまり知られていない両面粘着紙ですが、目を凝らせば、近いシーンで使われていることが多く、当工房での取扱を知らずにお問い合わいただく方にご紹介すると驚かれることもあります。何かと何かを貼り合わせるシール。アイデア次第でご紹介した用途以外にも使えるシーンが広がるかもしれません。

この記事についてのご質問やご相談は担当者までお問い合わせください。

 

お気軽にお問い合わせください【電話:0120-416-867】

無料お見積 お問い合せ よくいただくご質問・お問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例一覧へもどる

関連解決事例

シール印刷における素材選びのポイント

繁盛シール工房でシール製作をご発注されるお客様の大半が、初めてシールを作る方です。そんな方...

目的に合った最適な仕上げ方法を選ぶ

シール印刷には大きく分けて5つの仕上げ方法があります。繁盛シール工房では「シート仕上」「1...

貼ったシールの裏が透けない素材

通常のシールは表面素材に透明の粘着剤で構成されているので、シールを色のついた物に貼ると対象...

凸版印刷におけるデータの色数と製作料金の関連性

繁盛シール工房の見積りフォームには色数を入力いただく必須項目があります。もちろん製作料金に...

銀ホイルと銀フィルムの違いと特性

シール印刷で使用する素材に銀ホイルと銀フィルムがあります。お客様から見積をご依頼いただく際...

無料お見積

ページ先頭へ