繁盛 シール工房トップ
 > 解決事例 > 金色のベースに白色を重ねて印刷する方法

解決事例No.11

【シール印刷/特殊印刷】香料インクシールをご存知ですか?

課題

香料インクというものをご存知ですか?その名の通り、香料インクと呼ばれる香りを持たせたインクを指します。最近では、この香料インクを使ったシールを紹介しているサイトも見かけるようになりましたが、まだまだ一般的と呼べるものではないようです。繁盛シール工房では久保井インキ株式会社様のご協力をいただき、初めて香料インクを使ったシールを製作することができました。今回は社内で製作して感じたことと、製作ポイントや注意点などをご紹介します。

印刷方法印刷データ特殊シール香料インク

香料インクの原理

原理はマイクロカプセルに包まれた香料剤がインクに練り込まれており、インクを擦るとカプセルが破壊されて香りが広がるというもの。インク自体の色は無色透明です。今回、久保井インキ様から展示会配布用として、香料インクを使ったシール4点をご依頼いただき、製作することとなりました。デザイン的には凸版印刷(間欠式輪転)で対応できるものです。香料インクの使い方は、デザインを印刷した後、全面に香料インクを印刷するというもので、一般的なニスの使い方と同じです。データ自体の色数とは別に香料インキ分も1色と考えるので、データの色数+1色の版が必要となります。

4色カラーの場合

香りを認識する為には

今回は「檜」「抹茶」「ストロベリー」「柚子」の4種類のインクを使ったシールを製作しました。まず感じたことは、インク缶を開封した段階で香りが広がるということ。これは問題ありと思い、久保井インキ様に確認したところ、香りは徐々に無くなるということでした。実際、シールが出来上がってから2〜3日で、ほぼ香りが無くなりました。あと、香りだけで種類を区別することも困難でした。実際、世の中の香りや臭いというものは、視覚と合せて効果があるのだと感じました。今回のデザインデータと久保井インキ様からの支給だったのですが、「抹茶」以外は少しデザインと香りがマッチしておらず、知らない方に香りの種類を当てることは難しい気がしました。デザインは香りとマッチさせることが必須条件と思います。

香りシール4種

香りで広がる可能性

香りのするシールの使い方を考えた場合、ノベルティや販売用としての利用以外にも商品ラベルなどに組み込めば、以外と面白いかもしれません。現在、流通しているシールのほとんどが、視覚のみの訴求になっているので、これに嗅覚での訴求が加わることで、違った価値が生まれます。まだまだ未知数なシールなので、皆様の想像力次第で面白い使い方が見つかるかもしれません。

総括

香りシールの製作ポイントは視覚とマッチさせることです。香りと絵柄がを合わせることで相乗効果が生まれます。あと触れていなかった価格についてですが、「かなり高い」とだけ申し上げます。単純にインクが高いからです。

この記事についてのご質問やご相談は担当者までお問い合わせください。

 

お気軽にお問い合わせください【電話:0120-416-867】

無料お見積 お問い合せ よくいただくご質問・お問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例一覧へもどる

関連解決事例

【シール印刷/コスト】凸版印刷におけるデータの色数と製作料金の関連性

繁盛シール工房の見積りフォームには色数を入力いただく必須項目があります。もちろん製作料金に...

【シール印刷/素材】シール印刷における素材選びのポイント

繁盛シール工房でシール製作をご発注されるお客様の大半が、初めてシールを作る方です。そんな方...

【シール印刷/加工方法】インクを使わずにデザインを凹凸(型押し)のみで表現したい

シール印刷の加工方法の一つにエンボス加工というものがあります。インクを付着させずに版を空押...

【シール印刷/用途】ショップシール製作時の確認ポイント

繁盛シール工房でご依頼いただくシールの用途で最も多いものがショップシールです。WEBサイト...

無料お見積

ページ先頭へ