シール粘着剤:強粘着

strongl-adhesive_main

屋外や曲面に貼るシールに最適

普通糊のシールでは剥がれるてしまう場合に使用する粘着剤です。屋外で使うステッカーや銘板、ボトル容器に巻きつけて貼るラベルシールの多くは強粘着が使われています。屋外・水場・低温などの環境で使うシール全般に利用されており、使用する表面素材によって水溶強粘(エマルジョン)、溶剤強粘(ソルベント)など性質の異なる粘着剤を使い分けます。

■こんなシールに使われています
・屋外用ステッカー
・ボトルに巻きつけ貼りするラベル
・各種銘板シール

■強粘着に対応している素材
上質紙/アート紙/ミラーコート紙/和紙/ホイル紙(金・銀)/ユポ/フィルム(金・銀)/透明フィルム/塩ビ/ホログラム

担当者からのアドバイス
粘着剤の選定は右の要素から判断

■シールの貼付け場所・対象物
■シールの貼付け期間
■シールの貼付け目的
■貼付け対象の形状や材質
■貼付け後の環境

どんな時に強粘着剤を使うのかは、なかなか難しい判断となります。結果だけをみると普通粘着でも問題ない場合が多いのですが、製作側からすると、作る前から大丈夫とは言い切れないのが現状です。弊社では以下の場合は、強粘着剤を使うようにお客様へお勧めします。

屋内用途のシール
ボトルや瓶の巻き付けて貼るシール
シールの貼り付け場所が平面でない場合
屋内であっても半永久的に貼り付けておきたいシール

屋外用途のシール
車やバイクに半永久的に貼り付けておきたいシールやステッカー
工具や資材など、ハードな使用環境が想定されるシール

屋外・屋内問わず、共通して言えることは半永久接着を目的とすることです。後でシールを剥がしたいなどの希望がある場合、強粘着剤では目的を達成することができないので、ご注意ください。

*表面素材によっては強粘着剤に対応していないものがあります。
*「粘着剤の選定がわからない」・「相談したい」という方は担当者までお問い合わせください。