繁盛 シール工房トップ
 > 解決事例 > 金色のベースに白色を重ねて印刷する方法

解決事例No.23

シール印刷の価格(コスト)を安くするポイント〜多面付け編〜

課題

シール印刷の価格を安くするポイント。前回の基本仕様編、印刷方式編に続き今回は印刷多面付け編です。複数種のシールを同時に作りたい時に、1種類だけで見積をとって、その金額×種類の数でコストを算出される方がいます。間違いではないですが、シール印刷の現場では案件の見合った印刷方法や加工方法を採用し、少しで価格を下げてシール・ステッカーを提供できる場合もあります。今回は複数種のシールを作る場合に少しでも安くできる多面付けという方法をご紹介します。

※記事内容は当工房の担当者が感じた主観的な意見です。他印刷会社とは意見に相違がある場合もあります。予めご承知ください。

印刷データ見積依頼

////////////////////////////////////////////////////////////
目次
■シール印刷のおける面付けとは?多面付けとは?
■商品ラベルと裏面に貼る内容表示シールを同時製作してコストを安くする方法
■3種類のノベルティステッカーを同時製作でコストを安くする方法
■よりコストを下げる為の多面付け
■多面付けのシール見積依頼は?
■まとめ
////////////////////////////////////////////////////////////

シール印刷のおける面付けとは?多面付けとは?

面付けとは一つの版に対してデータをどのような向きで何点付けるかを指します。同じデザインのデータを何枚も印刷する場合は、一つの版に対して一つのデータを付けることが基本ですが、この面付けは使用する印刷機の最大対応サイズによって異なります。当工房で使用する凸版印刷機(輪転)であれば版のサイズは最大165mm×120mmです。このサイズの範囲なら可能な範囲で複数種の面付け(多面付け)ができます。オフセット印刷機やシルクスクリーン印刷機の版は更に大きいのでより多くのデータを面付けすることができます。

商品ラベルと裏面に貼る内容表示シールを同時製作してコストを安くする方法

多面付けでシール印刷の価格を安くする為の凸版印刷機を利用した基本的な事例です。 ある商品Aのボトル容器表に貼る商品ラベルとその裏面に貼る内容表示シールを同数で作る場合、 表と裏を個別で作るとそれぞれにコストが発生して総額が上がります。そのような場合に多面付 けを利用します。

りんごジュースラベル(ミラーコート/強粘着/2点付合せ)| 実績 No:168
りんごジュースラベル(ミラーコート/強粘着/2点付合せ)| 実績 No:168

【仕様】
表面 商品ラベル ミラーコート紙(強粘) 75×100mm 2色印刷 シートカット
裏面 表示ラベル ミラーコート紙(強粘) 55×100mm 1色印刷 シートカット

上記仕様のデータを1つの版に付けてしまえば表と裏を個別で作るよりもコストを抑えることができます。

◎安くするポイント
*表・裏とも同じ素材を使う
*表・裏とも近いサイズにする

3種類のノベルティステッカーを同時製作でコストを安くする方法

二つ目はオフセット印刷機を使った多面付けの事例です。ビックリマン風のステッカー3種類を3点作りたい場合、1データの配色が4色フルカラー+白引きとなり5色印刷となります。これだけでコストが高くことが想像できます。これをデータ1点ごとに作ってしまうと総額がかなり高くなるので、このような場合も多面付けを活用します。

ビックリマン風キャラクターシール(ホログラム/カラー印刷)| 実績 No:163
ビックリマン風キャラクターシール(ホログラム/カラー印刷)| 実績 No:163

【仕様】※3点共通
ホログラム(強粘)+光沢ラミ 48×48mm 4色カラー+白/裏面1色 断裁(裏スリット無)
3種類を同じ版に付けて同数で印刷してから断裁しています。 個別で作るよりもかなりお安く作ることができます。

◎安くするポイント
*3種類とも同仕様にする
*3種類のサイズを統一する

よりコストを下げる為の多面付け

複数種のシールを作る場合に多面付けはコストを下げる有効な手段です。 しかし、どのような場合でも利用できるとは限りません。場合によっては多面付け をしてもコストがあまりさがらないこともあります。ここでは多面付けでコストに 影響する要素をご紹介します。

■色数を少なくする
基本仕様編でも述べた通り、色数はコストに影響します。仮に4種類のシールを個別の各1色で印刷すると多面付けでは4色印刷になります。これを4種類共通1色にするだけでもコストはさがります。

■サイズを同じにする
サイズがバラバラなシールより、同じサイズで揃えた方が綺麗な面付けができます。面付け時の余白(空き間隔)も少なくて済むので、素材に無駄な部分が少なくなります。

■同数印刷にする
同じ版を使って同回数、印刷機に通すことになります。面付け内容がそのまま同数で仕上がるので、種類ごとに数量を分けることは基本的に難しくなります。ご希望の数量に固執すると、逆にコスト高になる場合もあるので、可能な範疇で数量は揃えた方が良いでしょう。

多面付けのシール見積依頼は?

複数種のシール印刷を検討されている方が御見積をお申込みいただく場合、可能なら全データを合わせてお送りいただいた方が安全です。データ1種類のみの仕様では多面付けができるか判別できないことが多々あります。ご自身では多面付け可能な判断でもシール印刷の現場では不可の判断になることもあります。データのご用意が無い場合などはお電話などで担当者と打合せするもの良いでしょう。

まとめ

多面付けは複数種のシールを作る時にコスト的に有効な方法です。しかし使用する印刷機や案件概要によってはコスト的に有効ではない場合もあります。今まで複数種のシールを作りたい場合に1種類だけで御見積をとられていた方は、同寸・同色・同数・同時製作の条件が揃っていれば多面付けでコストが下がるかもしれません。

 

お気軽にお問い合わせください【電話:0120-416-867】

無料お見積 お問い合せ よくいただくご質問・お問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例一覧へもどる

関連解決事例

シール印刷の価格(コスト)を安くするポイント〜基本仕様編〜

シール印刷を依頼する印刷会社を選定する際のポイントをお持ちでしょうか?個人差はあると思いま...

シール印刷の価格(コスト)を安くするポイント〜印刷方式編〜

シール印刷の価格を安くするポイント。前回の基本仕様編に続き今回は印刷方式編です。シール印刷...

オフセット限定!データの色数を落としてコストを下げる方法

カラーデータとはCMYKの掛け合わせで制作されたデータのことです。当サイトにご依頼いただく...

シール印刷における素材選びのポイント

繁盛シール工房でシール製作をご発注されるお客様の大半が、初めてシールを作る方です。そんな方...

無料お見積

ページ先頭へ